ここから本文です

昨年6月に完成のメッシ像、何者かによって無残にも破壊される…アルゼンチン

GOAL 1/10(火) 12:35配信

アルゼンチンの首都ブエノスアイレスにある同国代表でバルセロナに所属するFWリオネル・メッシの像が真二つに破壊されていることが分かった。各国メディアが報じている。

メッシ像はラプラタ川沿いの「グローリー・ウォークウェイ」と呼ばれる遊歩道にある。この場所は、スポーツの分野で活躍したアルゼンチン出身選手に捧げられており、メッシのほかテニスやNBA、F1など様々な競技の選手像が設置されていることで有名なスポットだ。

アルゼンチンの天才メッシの像は、昨年6月に完成し、ブエノスアイレスのオラシオ・ロドリゲス・ラレータ市長が自ら、お披露目したものだった。しかし、メッシ像は何者かによって無残に破壊されてしまった。現在現場には、像のうち腰から下のみが残されている状態で、上部は市の担当者が持ち帰り、修復を試みているという。

GOAL

最終更新:1/10(火) 12:35

GOAL

Yahoo!ニュース公式アプリ

都道府県ニュース、防災情報もこれひとつ!