ここから本文です

W杯参加48カ国拡大の新提案に対し、カフーとR・カルロスがW杯のレベル低下を懸念

GOAL 1/10(火) 7:43配信

現在、国際サッカー連盟(FIFA)の会長を務めるジャンニ・インファンティーノ氏は2026年のワールドカップから本大会の参加枠を48カ国へと増やす意向を示し、現地時間9日にスイスのチューリッヒで行われたFIFA評議会でこの新方式を提案した。これを受けて、かつての名プレーヤーがW杯参加枠拡大に言及している。

FIFAの式典に参加するためにスイスのチューリッヒに入っていた、元ブラジル代表のカフーはメディアの前で次のように述べている。

「W杯という素晴らしい大会に、多くの国が参加できるチャンスが与えられることは歓迎する」

その一方で、「出場国が増えることでワンサイドゲームが増えたり、一方的な展開が目立つ事態になったら、それはサッカー界の発展にならないだろう」と続け、W杯の参加国拡大に独自の見解を示している。

また、同じく元ブラジル代表のロベルト・カルロスもメディアの前で「W杯に参加できる国が増えることはいいことだと思う。ただし、W杯は最高峰の大会としてレベルの高いサッカーが展開されるべきであり、それが保たれるかは疑問だ」と発言。

カフーもR・カルロスも、W杯の本大会出場国が48カ国に拡大することには歓迎の意向を示したが、ともに“大会のレベルが下がる可能性ある”という点に警鐘を鳴らしている。

GOAL

最終更新:1/10(火) 7:43

GOAL

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合

Yahoo!ニュース公式アプリ

都道府県ニュース、防災情報もこれひとつ!