ここから本文です

清水 昇格“立役者”流出へ…FW大前の大宮移籍が濃厚に

スポニチアネックス 1/10(火) 7:13配信

 清水のFW大前元紀(27)が大宮に完全移籍することが9日、濃厚となった。

 大前は08年に清水加入。12年末から約8カ月間ドイツのデュッセルドルフでプレーし、13年8月に復帰した。昨季は主将としてけん引し、ケガで約3カ月離脱しながらリーグ戦39試合に出場。J2得点ランキング3位タイの18得点を挙げ、J1復帰に貢献した。

 昨季終了後は「エスパルスは好きだし、第一に考えたい」との思いを口にしながらも「サッカー選手として一番良い、いろいろな選択ができれば」と話していた。クラブ側は1回目の更改から契約延長を提示し、慰留交渉を続けていた。

 大宮は昨季J2から昇格しクラブ史上最高となる年間5位の成績を残した。一方でMF家長昭博(30)、MF泉澤仁(25)らの移籍を受けて攻撃陣の補強に乗り出している。

 ◆大前 元紀(おおまえ・げんき)1989年12月10日、横浜市生まれ。流通経大柏高3年時に全日本ユース選手権、全国高校選手権で2冠。全国高校総体を加えた3大大会全てで得点王。08年にプロ入り。

最終更新:1/10(火) 8:36

スポニチアネックス

スポーツナビ サッカー情報