ここから本文です

20歳の新鋭・清宮が杉浦と共闘へ「強くなりたい」=ノア

スポーツナビ 1/10(火) 0:02配信

 9日のプロレスリング・ノア「The First Navig.2017」東京・後楽園ホール大会では、8大シングルマッチを開催。今年のテーマである「NOAH the REBORN」を体現するべく、ノア再生に向けて選手たちが個々の力をアピールしてみせた。

 鈴木軍を離脱し、一匹狼となった杉浦貴は、この日成人式を迎えた清宮海斗に完勝。試合後、「強くなりたい」と訴える清宮と握手をかわし、共闘へと動き出した。
 デビュー1年2カ月ながら、昨年は鈴木みのるとの一騎打ちを実現させるなど、ファンからの注目度も高い清宮は、エルボーで杉浦に食い下がると、杉浦の雪崩式ブレーンバスターを食らいながらも、オリンピック予選スラムは切り返し、ドロップキック、ジャーマンスープレックス。だが、杉浦もジャーマンで反撃し、エルボーで粘る清宮にキッチンシンク。すかさずフロントネックロックで絞め上げると、清宮は苦しみながらも決してギブアップせず。レフェリーが試合を止めた。

 勝利した杉浦は、倒れたままの清宮に張り手。マイクを握った清宮が「おい、待てよ。オレは強くなりてぇんだよ」と呼びかけると、杉浦も「おまえの上のヤツらが嫉妬するぐらいの力をつけてみろよ」とゲキを飛ばし、ガッチリと握手をかわした。

最終更新:1/10(火) 0:02

スポーツナビ