ここから本文です

小室哲哉 宇多田登場で引退よぎった…何もかも新しく「かなわない」

デイリースポーツ 1/10(火) 22:54配信

 音楽プロデューサーの小室哲哉(58)が10日、TBS系の「マツコの知らない世界」に出演し、引退を考えさせられるほど衝撃を受けたアーティストを明かした。1998年にデビューした宇多田ヒカル(33)で「何から何まで自由だった」と感慨深く話した。

【写真】小室に衝撃…デビューした頃の宇多田ヒカル

 宇多田が現れた当時の自身について小室は「自分の実績に追いつけなくなった、どうしようかと思った矢先に出てきた」と振り返った。「お正月。98年だったかな。CMに異常な数の出稿数があった」などと記憶をたぐった。

 宇多田のデビュー曲「Automatic」を耳にした時を「あったらしいなと思った」と話し、同曲のプロモーションビデオで宇多田が低い姿勢を保っていたことにも「歌いにくいだろうけど、新しいなと思った」と述べた。また、「ネイティブというのか、生まれた時から英語を使っていたとも聞いて、これ、かなわないなと」と苦笑いで話した。宇多田は米ニューヨークで生まれている。

 小室は続けて、「最初のAutomaticという言葉が、何がAutomaticなのか。何回、詞を追っても分からなかった。何が自動なんだろう。っていうくらい作詞の概念を変えられてしまった」と受けた衝撃の深さを語った。

 「とにかくボクにはAutomaticが出て来なかった。出ないってこと自体、クリエイターからすると『出て来ないんだ、自分は』ってなるんです」とここでも苦笑を浮かべた。

 小室はまた「詞のはめ方。ラジオの時のしゃべり方。何から何まで自由で。いいなあ、うらやましいなっていう。こんな好きにしゃべっていいんだ」と「自由」という言葉を何度も使い、宇多田の表現の広さを称賛し、「この業界に入ってこれほどのやられた感はない」と宇多田に打ちのめされたことを明かした。

最終更新:1/10(火) 23:31

デイリースポーツ