ここから本文です

モー娘から姉さん女房へ テレ東・紺野あさ美アナ、5歳年下ヤクルト・杉浦と“道産子婚”

スポーツ報知 1/11(水) 5:04配信

 元「モーニング娘。」のメンバーでテレビ東京の紺野あさ美アナウンサー(29)が10日、同局の公式ブログでプロ野球・ヤクルトの杉浦稔大投手(24)と結婚したと発表した。元日に、杉浦投手の出身地の北海道・帯広で婚姻届を提出。ブログでは「今まで感じたことのないような安心感をたくさん与えてくれた方」と幸せたっぷりに紹介。関係者によると、紺野アナは妊娠しておらず、結婚後も仕事を続ける。挙式・披露宴は未定という。

 アイドルから異色の転身を遂げてから6年、紺野アナが5歳年下のプロ野球選手とゴールインした。お相手の杉浦投手は、13年ドラフト1位でヤクルトに入団した身長189センチの右腕。紺野アナはこの日、ブログで「日々の何気ないことも一緒にいるととても幸せに感じられ、自然とこれからもずっと共に歩んでいきたいなという気持ちが芽生えてきました」と結婚を決めた心境をつづった。

 婚姻届は、元日に杉浦投手の地元の帯広で提出した。紺野アナも同じ北海道の札幌出身。交際期間などは明かしていないが「真面目で男らしくて本当に優しい方。同郷だからか、食や音楽の好みも似ているところが多く、2人揃(そろ)って非常によく食べたり、すぐに鼻歌をマネしあったり、テレビを見て一緒に大笑いしたり」と幸せをにじませた。

 紺野アナは09年3月に「ハロー!プロジェクト」を卒業し、11年にテレ東に入社。同年10月からスポーツ情報番組「neo sports」のキャスターを務めた。杉浦投手の入団1年目の14年3月まで同番組を担当し、プロ野球の現場を訪れる機会も多かった。最近は担当のミニ番組「紺野、今から踊るってよ」のダンスが注目を集めている。

 結婚後の生活については「これからは私も、彼が安心してお仕事に集中できるよう、少しでもお手伝いできたらと思っています」と紺野アナ。テレ東の関係者によると「妊娠しているとの報告は受けていない」とし、今後も現在の担当番組の出演を続けていくという。

 杉浦投手も、球団を通じて「新たに守るべき存在ができ、今季に懸ける思いがより一層強くなっています。家族、スワローズ、どちらのためにも勝利に貢献できるよう日々励んでいきます」とコメント。入団からエースナンバーの背番号18を背負ったが、3年間で6勝(7敗)にとどまり、4年目の今季は背番号58に変更。私生活でも心機一転、姉さん女房のサポートを力に飛躍を目指す。

最終更新:1/22(日) 15:50

スポーツ報知