ここから本文です

【無限の住人】戸田恵梨香、初の本格アクション 約10年ぶり共演の木村拓哉に感謝

オリコン 1/11(水) 8:00配信

 沙村広明氏の人気漫画を木村拓哉主演で実写化した映画『無限の住人』(4月29日公開)に、女剣士・乙橘槇絵(おとのたちばな・まきえ)で出演する女優・戸田恵梨香。同作で本格アクションに初挑戦し、約10年ぶりに共演した木村の存在に「助けられた」と感謝を込めている。

【劇中カット】花魁姿の戸田恵梨香

 原作は、累計発行部数750万部突破を誇る人気漫画。不死身の剣士・万次(木村)と、復讐のために彼を用心棒として雇った少女・凜(杉咲花)が、壮絶な戦いに身を投じる姿が描かれる。戸田が演じる槇絵は、“勝つことのみを目的とする”剣客集団・逸刀流の統主・天津影久(福士蒼汰)への思慕を秘め、人生さえも天津にささげるという役どころだ。

 戸田は、フジテレビ系連続ドラマ『エンジン』(2005年)以来の共演となった木村について「安心感をくれる存在」と話す。

 「木村さんが、無知な私にアクションのコツ、やり方を丁寧に教えてくださって、助けられながらやってきました。約10年ぶりの共演だったので、恥ずかしさもありながら、安心感をくれるような存在です。撮影前は、アクションの経験がないという恐怖心もありましたが、木村さんがいてくれたことによってそれを忘れることができました」。

 「姿を見た人間は必ず死に追いやられる」という槇絵。不安を払拭して挑んだアクロバティックな技の数々に期待がかかる。

最終更新:1/11(水) 8:00

オリコン

Yahoo!ニュース公式アプリ

都道府県ニュース、防災情報もこれひとつ!