ここから本文です

「奇跡の65歳」ラニエリ、FIFA年間最優秀監督

日刊スポーツ 1/10(火) 10:38配信

 国際サッカー連盟(FIFA)は9日、スイス・チューリヒで2016年の年間表彰式を開き、男子の最優秀監督にレスターのクラウディオ・ラニエリ監督(65)が選出された。

 総得票の22・6%を占め、次点だったRマドリードのジダン監督(16・56%)らを抑えた。ラニエリ監督は「素晴らしい夜だ。選手なしでは監督として何もできない。感謝したい」と興奮気味に喜びを口にした。

 岡崎が所属するプレミアリーグのレスターを指揮。強豪クラブがひしめき合うリーグにあって、昨季はクラブ創設133年目にして「奇跡」の優勝を飾った。イタリア人の名将は結束力を高め、堅実的なプレーとともに攻守にハードワークを課した。下馬評は低く、英ブックメーカーは優勝倍率に5001倍と、幻の怪獣「ネッシー」発見の501倍、17年より前に宇宙人が見つかるという1001倍を大きく上回った。さらに解説者のリネカー氏がテレビ番組で「レスターが優勝したらパンツ一丁で出演する」と公言し、その約束を守ったことでも話題となった。

 今季は初参戦の欧州チャンピオンズリーグでも決勝トーナメントに進出。レスター旋風は今も収まる様子がない。マラドーナ氏からトロフィーを手渡されたラニエリ監督は、意気揚々と「私は65歳。まだ若いと感じている。ここからスタートだよ」と話した。

最終更新:1/10(火) 11:08

日刊スポーツ

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合

Yahoo!ニュース公式アプリ

都道府県ニュース、防災情報もこれひとつ!