ここから本文です

「天声人語 2017年1月11日」

朝日新聞デジタル 1/11(水) 7:00配信 (有料記事)

 公開中の映画「聖(さとし)の青春」の主人公は1998年に29歳で亡くなった将棋棋士村山聖さん。演じる松山ケンイチさんは役作りのため体重を20キロも増やして臨んだ。対局場面の鬼気迫る表情に見入った▼聖さんは重い腎臓病を抱えながら「怪童」と恐れられた。いったいどんな棋士だったのか。師匠である森信雄七段(64)を兵庫県宝塚市に訪ねた。「独特のオーラがありました。病院暮らしが長い分、とにかく純粋で強情な子でした」▼出会ったとき師匠は30歳、弟子13歳。通学のため近所の公園で自転車の乗り方を教えた。髪をひきずって散髪に連れて行った。……本文:1,191文字 この記事の続きをお読みいただくには、朝日新聞デジタルselect on Yahoo!ニュースの購入が必要です。

  • 通常価格:
    390円/月(初月無料)
  • 会員価格会員価格:
    324円/月(初月無料)

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上、ご購入ください。

Yahoo!プレミアム会員登録はこちら(月額498円)

朝日新聞社

最終更新:1/11(水) 7:00

朝日新聞デジタル