ここから本文です

広島・誠也に早期4番抜てきの期待

東スポWeb 1/11(水) 11:01配信

【赤坂英一「赤ペン!!」】私が郷里の広島に帰省していた年末年始、カープの鈴木は連日地元メディアに引っ張りだこだった。テレビをつけても新聞をめくっても、さらに地元企業の広告にまで「神ってる」誠也が目白押し。ある不動産会社のCMでバットを構えた姿など、往年の前田智徳をほうふつとさせると言っても大げさではないほどである。

 昨年で“男気”黒田が引退し、カープの主役の座は名実ともに昨季のMVP新井に移った。が、地元ファンやスポンサーが若い鈴木にかける期待たるや、すでに新井以上。新井は今年で40歳とそろそろ先が見えてきただけに、「早う誠也に主砲に育ってほしいもんじゃわい」と切望する声が、私の生まれ育った広島の町のあちこちで聞かれる。

 それでは今季、4番・鈴木は実現するか。実現するとしたらいつ、どういう状況が考えられるのか。常識的に考えれば、今季の開幕4番は新井で間違いない。新井を疲労や不調で休ませなければならなくなったら、外国人のエルドレッド、昨季“代役4番”で活躍した松山らが控えている。

 ところが、球団内部には、「いや、意外に誠也が4番を打つのは早いかもしれませんよ」と指摘する関係者もいるのだ。

「実は昨季、ウチが首位を独走していたころに、首脳陣や球団幹部の間でも、『いずれ誠也に4番を打たせてみようか』という声が出ていました。近い将来4番に据えるのなら、早く4番のプレッシャーに慣れさせたほうがいいでしょう。今後、新井が衰えて、エルドレッドも常時出場できない状態になったころ、突然『誠也、もうおまえしかおらん』と4番を任せてやったら、彼も緊張して力を発揮するどころではなくなる。そんな状況で4番を打たせるよりも、新井、エル、松山が元気なうちに経験を積ませたほうが賢明じゃないか」

 カープの生え抜き4番は、誰もが最初は大きなプレッシャーに苦しめられた。江藤(現巨人打撃コーチ)が巨人に移籍した後の金本(現阪神監督)、金本が阪神に移籍した後の新井、さらに新井が阪神に移籍した後の栗原(現楽天二軍打撃コーチ)。鈴木も同じ苦労をせざるを得ないのなら、「早いうちがええよ」という意見が球団内部にあることもうなずける。

 鈴木を評して「神ってる」と言いだし、昨年の流行語にした緒方監督がどのような決断を下すのか。興味津々である。

最終更新:1/11(水) 11:25

東スポWeb