ここから本文です

小池都知事「自身の自民党籍、判断は党」 離党は考えず

朝日新聞デジタル 1/11(水) 5:02配信

 小池百合子・東京都知事は10日、朝日新聞のインタビューに応じ、自民党籍のまま夏の都議選に自身の政治塾から候補を擁立する姿勢が分かりづらいと指摘されている点について、「(自民党に都知事選立候補時に)進退伺を出している。判断は党」と述べ、自ら離党は考えていないことを明らかにした。

【写真】朝日新聞のインタビューに答える小池百合子都知事=10日午後、東京都庁、仙波理撮影

 小池氏はインタビューで、候補を立てる意図について「新しい血を入れることは活性化につながる。選挙区一つ一つを見ながら、ふさわしい人材を投入したい」と述べた。対決姿勢を強める自民については「古い部分が残っている。数合わせで東京大改革ができるとは思っておりません」としたが、政策上の対立軸については「考えている」としつつ、明言は避けた。

 一方、小池氏は同日、BSフジの番組で「(自身の支持勢力で)過半数を制するのは必定」と述べ、都議選の目標の最低ラインを示した。公明、民進両党と候補者調整に向けて協議に入ったことも明らかにした。

朝日新聞社

最終更新:1/11(水) 5:02

朝日新聞デジタル