ここから本文です

環境省が初めてアスベスト被害者に聞き取り

関西テレビ 1/12(木) 6:14配信

関西テレビ

石綿健康被害救済法が施行されてから初めて、環境省が兵庫県尼崎市の患者や遺族に対してアスベスト被害の聞き取り調査を行いました。

11日、環境省の職員は「中皮腫・アスベスト疾患・患者と家族の会」の事務所を訪れました。

国のヒアリングは、10年前に「石綿健康被害救済法」が施行されて以降、初めてです。

調査に対し患者らは、治療法が確立されておらず医療側の認識が甘いことへの不満を述べ、遺族への給付金増額などを要望しました。

【悪性中皮腫を患う塩見幸治さん(65)】
「当該者の状態というのを聞いて認識していただくところから始まるんですから、そういう意味ではわざわざ足運んでいただいたというのは、ありがたいこと」

国は、検討中の被害者救済制度の見直しに今回の結果を反映させたいとしています。

最終更新:1/12(木) 6:14

関西テレビ

Yahoo!ニュース公式アプリ

都道府県ニュース、防災情報もこれひとつ!