ここから本文です

Eクラスのステーションワゴン ベンツ、大容量をPR

朝日新聞デジタル 1/11(水) 5:09配信

 メルセデス・ベンツ日本は新型「Eクラス」のワゴンを売り出した。1820リットルの容量がある大きな荷室が特徴。車両後部の下に足を入れれば、センサーが検知して荷室の扉が開く。ガソリン車が712万~1186万円、ディーゼル車が735万~832万円(いずれも消費税込み)。

朝日新聞社

最終更新:1/11(水) 5:09

朝日新聞デジタル