ここから本文です

(てんでんこ)線路は続く:7 JRの提案

朝日新聞デジタル 1/11(水) 16:00配信 (有料記事)

 ■バス高速輸送システムで「仮復旧」を。だが、鉄道の「本復旧」はどうなるのか。
 「BRTも含めて考えるのも方策」
 2012年2月、JR東日本社長だった清野智(69)は記者会見で突然切り出した。
 BRTは、「線路跡」などを利用した専用レーンなどを走るバスでの高速輸送システムのことだ。東日本大震災後、岩手県内で津波被害を受けて不通となった山田線と大船渡線の廃止も示唆していた。
 JRが自力で鉄道を復旧すると思っていた三陸沿岸の首長は一斉に反発した。沿線市町村でつくる期成同盟会や岩手県議会も次々と「BRT反対」を打ち出した。……本文:1,832文字 この記事の続きをお読みいただくには、朝日新聞デジタルselect on Yahoo!ニュースの購入が必要です。

  • 通常価格:
    390円/月(初月無料)
  • 会員価格会員価格:
    324円/月(初月無料)

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上、ご購入ください。

Yahoo!プレミアム会員登録はこちら(月額498円)

朝日新聞社

最終更新:1/11(水) 16:00

朝日新聞デジタル