ここから本文です

シャルケ内田篤人、テストマッチで逆転弾をアシスト…監督は次戦での起用も明言

GOAL 1/11(水) 8:39配信

ブンデスリーガ第16節消化時点で11位につけるシャルケはスペインのベニドルムで冬季キャンプを実施。キャンプ地では練習試合を1戦のみを組み、その相手が10日に対戦したベルギー1部4位のオーステンデだった。

20分にFWニクラス・ペデルセンが決めてオーステンデにリードをもたらすと、FWヤシーヌ・エル・ガナッシーが2枚のイエローカードで10人に。優位に立ったシャルケは40分にMFレオン・ゴレッツカが同点弾をマーク。1-1でハーフタイムに入った。

シャルケのマルクス・ヴァインツィアル監督は後半から内田やFWイェフヘン・コノプリャンカらを投入。後半開始直後に左サイドハーフを務めたDFセアド・コラシナツがクロスを入れると、内田が頭でゴール前へと落とし、バウンドしたボールをコノプリャンカがボレーで叩き込んだ。

右SBよりやや前方の位置でプレーした内田はその後も何度か前線に顏を出しながら、守備にも貢献した。12月にはヨーロッパリーグのレッドブル・ザルツブルク戦の終盤に出場した内田はオーステンデ戦では45分間問題なくプレー。テストマッチとは言え、ブランクを感じさせなかった。

なお内田はクラブの公式ツイッターで試合後、ドイツ語で「これからもこのユニフォームで長い間プレーできることを願っています」とコメント。またドイツ紙『WAZ』によれば、「1週間の合宿が終わり、今は筋肉痛です。だが、これは普通のこと」とも話していたようだ。

シャルケは11日にドイツに戻り、14日にはドイツ3部のケムニッツとの練習試合に臨む。ヴァインツィアル監督は「内田は我々にとって最終テストとなるケムニッツ戦でも出場させるつもりだ。まだ取り戻さなければいけないものが残っているのでね」と起用を明言している。

GOAL

最終更新:1/11(水) 8:39

GOAL

スポーツナビ サッカー情報