ここから本文です

阪神ドラ1・大山が“同級生”大谷にライバル心

東スポWeb 1/11(水) 19:16配信

 阪神のドラフト1位ルーキーの大山悠輔内野手(22=白鴎大)が11日、NPBの新人選手研修会に参加した。

 午前中に野球殿堂博物館を見学した大山は、印象に残った展示として「大谷(翔平)選手(日本ハム)が東京ドームの天井に当てたボール」を挙げた。これは昨年11月に行われた侍ジャパン強化試合のオランダ戦で大谷が放った打球で、東京ドームの天井の隙間に入り込んだため特別ルールで二塁打となった。

 大山は「同級生なので負けないようにやっていきたい」とライバル心をのぞかせた。

 また昨季限りで引退した三浦大輔氏(43)の講演に感銘を受けたとし「一年でも長く野球を続けたい」と話した。

最終更新:1/11(水) 19:16

東スポWeb