ここから本文です

「タイムカプセルから掘り出したDSが起動した」と驚く新成人と「タイムカプセルにDS」という事実に驚く大人たち

ねとらぼ 1/11(水) 12:19配信

 成人式の記念にタイムカプセルを掘り出したら出てきた初期ニンテンドーDSの電源を入れたら、ちゃんと動いたというツイートが話題になっています。「さすが任天堂商品の耐久性」と感心する若者たちの声が集まるなか、大人たちは違った意味でも驚いている様子。

【画像】DSを起動したところ

 この新成人が初期ニンテンドーDSを購入したのは、発売当初の2004年12月。今から約12年前です。また、タイムカプセルに入れたのが小学校卒業の2~3カ月前とのことなので、約8年間埋まっていたことになります。保管場所は、体育館の床下。

 保存環境と時間を考えればもう動かなくて当然の状況ですが、そこは爆撃を受けても動作するハードことゲームボーイを作ったメーカー・任天堂。「壊れてるだろう」と思いつつ電源を入れたところ、ちゃんと起動しました。さすがです。

 しかし、このツイートは、別の意味でも話題になっています。もっと上の年代の大人たちが、「DSってついこの前発売したばかりだろ……!? タイムカプセルに入れて掘り出す……!?」と動揺しているのです。人によっては動揺を超えて、ダメージを受けているもよう。正直筆者(30歳)も最初ちょっと動揺しました。

 思えば、小学生が卒業してから成人になるまでの時間は、長いようで8年間しかありません。子どもの8年間と成人後の8年間では、重みが全く違いますね……。

 大人の皆さん! 新成人たちにとって、初期DSは小学校卒業の時にはもう「手放しても良いと思える」ほどのものだったんです! これが現実! これが時の流れ! ああ、なんて、なんて残酷なんだ!!

 そしていずれ今の新成人たちも、「タイムカプセルからiPhone6出てきた」とか聞いてダメージを受ける日がいずれ来るのです。歴史は繰り返す。

最終更新:1/13(金) 18:41

ねとらぼ

Yahoo!ニュース公式アプリ

都道府県ニュース、防災情報もこれひとつ!