ここから本文です

大みそか中居ラジオ、5000通ハガキ届く ニッポン放送社長「インパクトは一番」

デイリースポーツ 1/11(水) 15:47配信

 ニッポン放送の社長会見が11日、都内で行われ、昨年大みそかに放送された「中居正広のSome girl’SMAP」について、番組終了後1週間で約5000通ものハガキが届いたことがわかった。

 中居の番組は昨年大みそかに放送され、メンバー1人1人の名前を絶叫。「慎吾ー、剛ー、吾郎ー、木村ー、SMAPー、じゃあねー、バイバーイ」と締めくくった。

 SMAPとして最後の放送となっただけに反響は大きく、広報によると、スマートフォンなどで聞けるラジコのストリーミング数は約3万件にも上ったという。通常放送では1万7000から2万件程度だといい、注目の高さがうかがえる。

 更には番組終了直後、1週間で届いたハガキは約5000通。中居の番組はメールでのメッセージは受け付けておらず、ハガキだけが声を届ける手段となっている。通常1000通程度だといい、5倍にもふくれ上がった。そのほとんどがSMAPの存続を願う声だったという。

 岩崎正幸社長は「年末にいろいろな番組がありましたが、SMAPのメンバーへの思いなどを肉声で伝えられた。パーソナリティの役割を強く感じた放送でした。たくさんの番組があった中でインパクトはこれが一番だった」と振り返っていた。

 中居のラジオは年が明け7日に「中居正広 ON&ON AIR」として再出発。解散については一切触れずに番組を進めていた。

最終更新:1/11(水) 15:56

デイリースポーツ