ここから本文です

サムスン首脳を聴取へ=国政介入事件で韓国特別検

時事通信 1/11(水) 14:56配信

 【ソウル時事】韓国の朴槿恵大統領の親友、崔順実被告の国政介入事件を調べている特別検察官チームは11日、サムスングループの事実上のトップ、サムスン電子の李在鎔副会長(48)を12日午前に被疑者として呼び、贈賄などの疑いで聴取すると発表した。

サムスン、崔被告に合併支援要請か=拠点ビルを家宅捜索-韓国検察

 
 サムスンは崔被告らに多額の支援を行っていた。サムスンの系列社合併実現など事業面で協力を得た見返りだった疑いがあるとみられる。特別検察官チームは、李副会長の指示、または承認に基づき、崔被告らへの支援が行われたとみて追及する。また、朴大統領の関与についても調べる。

 李副会長は昨年12月の国会での証言で「いかなる場合も対価を求めて支援したことはない」と賄賂性を否定しているが、特別検察官チームは11日、偽証したとして国会に告発するよう要請した。 

最終更新:1/11(水) 17:26

時事通信