ここから本文です

<三菱電機>「残業、過少申告強要」神奈川労働局が書類送検

毎日新聞 1/11(水) 23:03配信

 大手電機メーカー三菱電機が新入社員だった男性(31)に労使協定で定めた上限を超える違法な長時間残業をさせたとして、神奈川労働局藤沢労働基準監督署は11日、法人としての同社と当時の上司を労働基準法違反(長時間労働)容疑で横浜地検に書類送検した。広告大手の電通も昨年末に違法な長時間労働を理由に送検されたばかりで、男性は取材に「これを機に、三菱電機も日本社会も社員の働かせ方を改めてほしい」と話した。

 書類送検容疑は、2014年1月16日~2月15日、神奈川県鎌倉市の同社研究所で医療用半導体レーザーの研究開発などを担当していた男性に、上限(月60時間)を超える時間外労働をさせたとしている。藤沢労基署は昨年11月に適応障害を発症した男性の労災を認めた際、月100時間超の残業があったとしたが、今回は証拠に基づき時間外労働は約78時間と認定したという。

 男性は13年4月に入社し、14年4月上旬ごろ適応障害を発症して休職。休職期間満了後の16年6月に解雇された。在職中は上司の求めで残業時間を過少申告したうえ、会議室に何時間も缶詰めにされて「こんな簡単なことは中学生でもできる」などと説教されたこともあったという。

 現在は解雇撤回を求めて同社と交渉中で「会社は労災認定されるまで『サービス残業もパワハラもない』の一点張りだった。きちんと認めて改善してほしい」と話した。

 三菱電機は「真摯(しんし)に受け止め、適切な労働時間管理を徹底する」とコメントしている。

【早川健人】

最終更新:1/11(水) 23:03

毎日新聞