ここから本文です

手数料205万円、過大徴収=ATM設定、祝日と誤る―りそな銀など

時事通信 1/11(水) 19:00配信

 りそな銀行、埼玉りそな銀行、近畿大阪銀行は11日、3行の現金自動預払機(ATM)で10日に他の金融機関のキャッシュカードを使った利用者から、手数料を余分に計約205万円徴収していたと発表した。平日だったのに祝日と誤って設定したことが原因で、返金作業を進めている。

 3行の持ち株会社りそなホールディングス(HD)によると、108円の出入金手数料を216円引き落としていた。利用者から指摘を受けて10日午後1時ごろに設定を修正するまで、コンビニエンスストアのATMを含め約1万9000件の利用があった。

 逆に、成人の日だった9日は108円しか徴収しないミスがあった。差額は最大で約420万円に上るが、利用者には請求しない。

 りそなHDは「多大なご迷惑を掛け、心よりおわび申し上げます」(広報グループ)と話している。 

最終更新:1/11(水) 20:12

時事通信