ここから本文です

岸田外相、長嶺大使らと協議=韓国帰任「総合的に判断」―少女像問題

時事通信 1/11(水) 19:01配信

 岸田文雄外相は11日午後、韓国・釜山の慰安婦少女像設置への対抗措置として一時帰国している長嶺安政駐韓大使、森本康敬釜山総領事と外務省で会い、報告を受けた。

 少女像撤去の見通しが立たない中、今後の韓国当局への要求事項などをめぐり協議したとみられる。

 岸田氏はこの後、安倍晋三首相を首相官邸に訪ね、自身の欧州訪問について報告。併せて少女像問題への対応や長嶺大使らの帰任時期をめぐっても意見調整したもようだ。岸田氏は大使らの帰任に関し、記者団に「総合的に判断する」との考えを示した。 

最終更新:1/11(水) 21:06

時事通信