ここから本文です

【山形】新加入の元代表・本田拓也、経験を技を「盗んで」

スポーツ報知 1/12(木) 7:55配信

 俺の背中を見ろ! J2モンテディオ山形は11日、山形・天童市内で新体制として初の練習を行った。J1清水から加入した元日本代表MF本田拓也(31)が、プレーの姿勢で若手を引っ張る覚悟を示した。

 経験豊富な元日本代表ボランチには若手の指導役の期待もかかるが、「練習から手を抜かず、高い意識を持ってやっていく。その姿勢を盗んでほしい」と口ではなく、自らが手本となり、若手たちが吸収していくことを求めた。ボール奪取能力と前線へのパスセンスが光るベテランに、木山隆之新監督(44)も「拓也には存分に経験値を発揮してほしい」と期待を寄せる。

 この日は選手たちがニックネームを呼び合ってのパス練習など約2時間の軽めのメニュー。本田は「単純に楽しかったし、すぐチームに溶け込めた」と笑顔。昨年J1復帰に貢献した清水と比較し、「清水は最初、雰囲気が硬かった。でも、山形は最初から雰囲気がよかったし、すごく手応えを感じた」と語った。

 木山監督から「J1に根付くために力を貸してほしい」と直接ラブコールを受けて入団を決めた本田は「走力も体の強さもまだまだ伸びる」とさらなる進化に意欲。衰え知らずの31歳が、J1昇格のために走り続ける。(守田 力)

 ◆木山新監督も練習!?

 木山新監督も、初日から動き回った。降雪のため、体育館で行った初練習を見守るだけでなく、選手らと一緒にランニングやストレッチをこなした。「選手が元気でやってくれてよかった」と練習には全28選手中、メディカルチェックを行った7選手らを除く18選手が参加。選手たちの動きを自らの目で確認し、「身体能力の高い選手もいるし、可能性を秘めたチーム」と手応えを口にした。

最終更新:1/12(木) 7:55

スポーツ報知

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合

Yahoo!ニュース公式アプリ

都道府県ニュース、防災情報もこれひとつ!