ここから本文です

藤沢和軍団がJRA賞2歳部門制圧

サンケイスポーツ 1/11(水) 9:54配信

 最優秀2歳部門の牡牝2頭は、ともに藤沢和雄厩舎の管理馬だ。

 牡馬は朝日杯FSを勝ったサトノアレスが、僚馬レイデオロに大差をつけて受賞。「使い込んで体が成長したね。弥生賞(3月5日、中山、GII、芝2000メートル)か、フジテレビ賞スプリングS(同19日、中山、GII、芝1800メートル)から始動の予定」と藤沢和雄調教師。牝馬は阪神JFを制したフランケル産駒ソウルスターリングで、「これだけのいい血統の馬をやらせてもらっているし、しっかりと仕上げていきたい」。こちらはチューリップ賞(同4日、阪神、GIII、芝1600メートル)からの始動が有力だ。ホープフルSを制したレイデオロを含め、明け3歳馬は最強といえる陣容。美浦の名伯楽が、今年のクラシックを席巻する。

最終更新:1/11(水) 9:54

サンケイスポーツ

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ

Yahoo!ニュース公式アプリ

都道府県ニュース、防災情報もこれひとつ!