ここから本文です

サブちゃん「感激」キタサンブラックが年度代表馬に

サンケイスポーツ 1/11(水) 9:57配信

 2016年度のJRA賞受賞馬選考委員会が10日、東京都港区のJRA本部で開かれ、年度代表馬にはキタサンブラックが選ばれた。天皇賞・春、ジャパンC優勝を含む年間6戦3勝の成績で、最優秀4歳以上牡馬も受賞。国内外でGI3勝を挙げた前年の年度代表馬モーリスを抑えて、栄冠に輝いた。授賞式は30日に東京都内で行われる。

 昨年の競馬界の顔はやっぱりこの馬だった。2016年の年度代表馬&最優秀4歳以上牡馬を北島三郎オーナー(名義は有限会社大野商事)のキタサンブラックが受賞。数々の歌謡タイトルを手にしてきたサブちゃんに新たな栄誉をもたらした。

 「名誉ある年度代表馬に選ばれ、感激しています。改めて応援していただいたファンの皆様に心より感謝します」

 最大のライバルとみられたモーリスとは44票差と完勝の内容。吉報を聞いた演歌界の大御所は喜びの声を上げた。

 昨年は天皇賞・春とジャパンCのGI2勝。それだけでなく、宝塚記念も差のない3着で、暮れの有馬記念はサトノダイヤモンドとの激闘で2着と、一年を通じて安定した成績を残した。勝てばサブちゃんが歌うかも…という期待で、キタサンブラックが出走するGIには多くのファンが詰めかけ、競馬を大いに盛り上げた功績も大きい。

 「GI2勝でチャンスはあるかと思っていたけど、有馬記念を勝って確実にしたかった。(投票結果は)この馬の人気も加わったんでしょう」

 管理する清水久調教師も栄誉に感激の表情を見せた。今年のローテーションは正式に発表されていないが、海外遠征が視野に入る。清水久師も「今年は年度代表馬という立場。日本を引っ張って競馬を盛り上げたい。この馬に合うレースを考えると、ドバイやフランスが自然と出てきますし、挑戦してみたい」と春のドバイ国際競走(3月25日、メイダン)、秋の凱旋門賞(10月1日、シャンティイ、仏GI、芝2400メートル)と、飛躍の一年にするつもりだ。

 「今年もキタサンブラックとともに頑張っていきます。応援よろしくお願いします」と新たな挑戦にサブちゃんも気合満々。2017年は♪これがキタサンまつり~だよ~、の歌声が、海を越えて響き渡る。

 ◆武豊騎手 「1年間コンビを組ませてもらっていたので、年度代表馬に選出されたと聞き、とてもうれしいですね。他にもすばらしい活躍をした馬がいる中で、年度代表馬に選んでいただいたので、なおさら光栄です。ファンの多い馬ですし、この賞に恥じないよう今年も共に活躍したいと思います」

最終更新:1/11(水) 9:57

サンケイスポーツ

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ

Yahoo!ニュース公式アプリ

都道府県ニュース、防災情報もこれひとつ!