ここから本文です

原発避難いじめ 横浜市側、早期謝罪を検討 市長「つらい思いをさせてしまった」

産経新聞 1/11(水) 20:43配信

 東京電力福島第1原発事故で福島県から同市内に自主避難した市立中学1年の男子生徒がいじめを受けていたのに、学校や市教育委員会が適切に対応していなかった問題で、林文子市長は11日、市の教育長や当時の校長、担任ら学校関係者が早期に被害生徒へ謝罪する方向で検討していることを、定例会見で明らかにした。

 林市長は「初期段階の対応が遅れ、つらい思いをさせてしまった。相手の希望があれば、(教育長らが)おわびに伺えれば」と述べた。林市長自らが謝罪するかへの言及は避けた。

最終更新:1/11(水) 20:43

産経新聞