ここから本文です

シャルケ内田篤人が逆転弾アシスト! 2017年初実戦で45分間出場

ゲキサカ 1/11(水) 10:22配信

 シャルケのDF内田篤人が、2017年初の実戦で決勝点をアシストした。

 スペインで合宿中のシャルケは10日、強化試合でベルギー1部のオーステンデと対戦。1-1で迎えた後半から内田やMFイェウヘン・コノプリャンカらがピッチに入ると、その直後に左サイドからDFセアト・コラジナクが上げたクロスをファーサイドの内田がヘッドで中央に折り返し、コノプリャンカが右足ボレーで合わせ、これが決勝点。2-1でシャルケが逆転勝利をおさめた。

 内田は、昨年12月8日に行われたヨーロッパリーグのザルツブルク(オーストリア)戦で1年9か月ぶりに公式戦復帰。同試合では7分間の出場だったが、今回は45分間プレーした。クラブの公式ツイッターで試合後、「これからもこのユニフォームで長い間プレーできることを願っています」とドイツ語でインタビューに応じた。

 シャルケはこの後ドイツに戻り、14日にケムニッツ(3部)と練習試合を行い、21日にブンデスリーガ第17節インゴルシュタット戦を迎える。順調に調整を進める内田。2015年3月8日のホッフェンハイム戦以来のブンデスリーガ出場に向けて試合感覚を取り戻していく。

最終更新:1/11(水) 10:22

ゲキサカ