ここから本文です

長沢まさみ大胆ガーター披露、主演舞台でセクシー姿

日刊スポーツ 1/11(水) 8:00配信

 女優長沢まさみ(29)が10日、ミュージカル初挑戦となる「キャバレー」(22日まで東京・EXシアター六本木)の公開稽古に参加した。ナチス台頭前夜のベルリンを舞台に、ショーガールのサリー・ボウルズと作家クリフの恋を描く名作。6月に30歳を迎える長沢にとって、大きなチャレンジとなる作品が今日11日開幕する。

【写真】長沢まさみ、胸元あらわ 体当たりでミュージカル挑戦/写真特集

 公開稽古前の会見に、白のストッキングにガーターベルト、頭に羽根飾りをあしらい、胸元をあらわにしたセクシーな衣装で登場した。初ミュージカルにも表情は明るい。「先輩方に支えられて稽古を乗り切ってきました。不安はありますが、すてきなカンパニーでやれることが幸せ。毎日楽しく稽古ができたので、稽古場と同じ気持ちを皆さんに届けられたら」と話した。

 共演者にも慕われている様子がうかがわれた。村杉蝉之介(51)に「長沢さんにキスが下手だと言われた」と暴露されたが、「言ってない! 唇を中央に寄せすぎて唇が硬いんです」と“訂正”して笑わせた。取材陣向けの写真撮影でカメラマンから「セクシーなポーズを」とリクエストされると、周りからすかさず「コマネチ!」と要求が飛んだ。長沢は「何で今~!?」と応じて苦笑いするなど、終始なごやかムードだった。

 10代でヒロインを演じた04年映画「世界の中心で、愛をさけぶ」で鮮烈な印象を与え、20代で主演した11年映画「モテキ」で披露したセクシー演技が話題になった。今回は脚線美を生かした大胆な衣装で伸びやかな歌声やダンスを披露し、小池徹平(31)と大胆なラブシーンにも挑戦する。30代を迎える今年、新たな1歩が「キャバレー」から始まることを感じさせた。

 東京公演は完売、全国公演も完売間近。長沢は「おかげさまでたくさんの方に来ていただける。楽しんでいただけると思う」と自信を見せた。【小林千穂】

 ◆長沢(ながさわ)まさみ 1987年(昭62)6月3日、静岡県生まれ。12歳だった00年「第5回東宝シンデレラ」で3万5153人の中から当時最年少のグランプリ。同年映画「クロスファイア」でデビュー、03年映画「ロボコン」で初主演。舞台は「クレイジーハニー」「紫式部ダイアリー」など。映画は「世界の中心で、愛をさけぶ」「モテキ」「海街diary」など。昨年NHK大河ドラマ「真田丸」でヒロインを演じた。168センチ。血液型A。

最終更新:1/11(水) 12:07

日刊スポーツ

Yahoo!ニュース公式アプリ

都道府県ニュース、防災情報もこれひとつ!