ここから本文です

レーヴミストラル8カ月ぶりも好気配/日経新春杯

日刊スポーツ 1/11(水) 9:34配信

 日曜京都メインの日経新春杯(G2、芝2400メートル、15日)で、昨年の覇者レーヴミストラル(牡5、高野)が8カ月ぶりに復帰する。坂路とCウッドを併用して乗り込まれ、1週前はCウッドで6ハロン79秒8-11秒8。高野師は「よくリフレッシュされているし、牧場を含めていい負荷がかけられてきた」と上々の感触を得る。

 騎乗予定だった川田騎手が落馬負傷のためM・デムーロ騎手を鞍上に迎える。「これまで見た目は極端な競馬をしてきたけど、徐々にしっかりしてきている部分もある。先入観なしに乗ってもらえれば」と期待。昨年から2キロ増となるハンデ58キロも「明け4歳で勝ったわけだし、仕方ないですね」と受け止めた。

最終更新:1/11(水) 9:37

日刊スポーツ

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ

Yahoo!ニュース公式アプリ

都道府県ニュース、防災情報もこれひとつ!