ここから本文です

小池都知事、今夏都議選へ安倍首相に宣戦布告?

日刊スポーツ 1/11(水) 10:07配信

 東京都議選へ、都議会自民党への宣戦布告? 東京都の小池百合子知事は10日、首相官邸を訪れ安倍晋三首相と会談した。終了後、小池氏は、一大決戦と重視する都議選も話題にのぼったとし、都議会に改革勢力を増やすのが必要だと首相に訴えたことを明かした。

 小池氏は、「この問題にさほど時間を割いたわけではないが、東京大改革を進めるため、議会でも方向性を共有したい。東京は国際金融都市として都市間競争に打ち勝たねばならず、ご理解いただける方を議会に多数いただきたいという話をした」と述べた。首相の反応について、「納得しておられた。東京が世界を率いる都市であることは認識されていた」と強調した。

 会談では、20年東京五輪・パラリンピックの「オールジャパンでの連携」も確認。小池氏は東京大会のピンバッジを首相の胸元に着け、連携をアピールした。仮設の費用負担問題については、「実務的な話はしていない。首相からの要望もありません」と述べた。

 小池氏は都議会自民党と対決姿勢を強める半面、首相や党本部とは、ほどよい関係を保つ。首相との会談は昨年8月以来、約5カ月ぶり。間が空いた分、パイプの維持を都議会サイドに示す狙いもあったようだ。自民党の二階俊博幹事長は「(官邸に)宣戦布告に来るわけではないでしょう。間違ってもらっては困るが、小池知事も自民党員ですから」と、クギを刺した。

 一方、小池氏VSドンの「代理戦争」となる千代田区長選で、自民党都連はこの日、与謝野信氏(41)から推薦依頼書を受け取った。小池氏が支援する現職石川雅己氏の対抗馬として、近く正式決定する。【中山知子】

最終更新:1/11(水) 11:31

日刊スポーツ

Yahoo!ニュース公式アプリ

都道府県ニュース、防災情報もこれひとつ!