ここから本文です

(ザ・コラム)消えたサークルズの夢 通貨スワップの政治経済学 吉岡桂子

朝日新聞デジタル 1/12(木) 11:30配信 (有料記事)

 日本がリードして進めてきたアジアの通貨協力が、政治の波に揺さぶられている。
 日本と韓国の間では、お金が急に国外へ流出するなど危機時に外貨を融通しあうスワップ協定の協議を、日本政府が打ち切った。釜山市の日本総領事館前に慰安婦問題を象徴する「少女像」が設置されたことに対する、抗議の一部である。
 約20年前に韓国をふくむアジアを襲った通貨危機をきっかけとして2001年夏に日韓で結んだスワップは、領土や歴史問題に翻弄(ほんろう)されてきた。15年に期限切れで消滅したが、関係の好転で昨夏に話し合いの再開を決めたばかりだった。……本文:3,351文字 この記事の続きをお読みいただくには、朝日新聞デジタルselect on Yahoo!ニュースの購入が必要です。

  • 通常価格:
    390円/月(初月無料)
  • 会員価格会員価格:
    324円/月(初月無料)

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上、ご購入ください。

Yahoo!プレミアム会員登録はこちら(月額498円)

朝日新聞社

最終更新:1/12(木) 12:30

朝日新聞デジタル