ここから本文です

金正恩氏の妹らに制裁=北朝鮮の人権侵害で―米

時事通信 1/12(木) 7:18配信

 【ワシントン時事】米財務省は11日、北朝鮮の人権侵害に関与したとして、同国の金正恩朝鮮労働党委員長の妹・金与正党副部長や、金元弘国家保衛相ら7人と2組織を制裁対象に指定したと発表した。

〔写真特集〕金正恩氏の妹、金与正氏

 与正氏らは米国内の資産が凍結されるほか、米国人との取引が禁じられる。

 米政府は昨年7月、最高指導者の金委員長らを、人権侵害を理由とする初めての制裁対象に指定。今回の制裁強化はこれに続く措置となる。財務省は11日の声明で「北朝鮮は厳格な検閲を実施し、非人道的で抑圧的な行動を隠蔽(いんぺい)している」と非難した。

 新たに制裁を科された2組織は、北朝鮮の国家計画委員会と労働省。米財務省は、両組織について「人々を炭鉱を含む特定の地域に強制配置している」と批判した。 

最終更新:1/12(木) 13:19

時事通信