ここから本文です

「蒸気で炊く」斬新な炊飯器 バルミューダ「The Gohan」登場 「米を踊らせず、土鍋よりおいしく」

ITmedia ニュース 1/12(木) 15:22配信

 家電ベンチャーのバルミューダは1月12日、蒸気だけで炊き上げる斬新な構造の炊飯器「BALMUDA The Gohan」を2月下旬に発売すると発表した。炊飯釜を二重に重ね、その間に入れた水を加熱して蒸気を発生させて炊く構造。蒸気でゆっくり加熱するため米粒が崩れず、「土鍋よりおいしい」ごはんが炊けるという。4万1500円(税別)。

【その他の画像】

 0.5合~3合炊きの小型な炊飯器。本体と内釜と外釜、計量カップ2つ(お米用と蒸気の水用)がセットになっている。内釜には計量した米と水を入れ、蒸気用の水(200cc)を入れた外釜と重ねて本体にセットして炊飯する。内釜と外釜の間に発生させた蒸気で加熱するため、釜の中の温度がゆっくり上昇し、100度を超えることはない。

 高級炊飯器市場で主流のIH圧力炊飯器は、100度を超える高温で水を対流させ、米を踊らせてむらなく炊き上げる。蒸気を使ったIH圧力炊飯器にはパナソニックの「Wおどり炊き」などがあるが、IHによる加熱に加え、100度以上の高温スチームで加熱する構造だ。

 バルミューダのアプローチはこれらとは逆で、釜の中を100度以下にすることで米を静かに炊きあげる。米が踊らないため煮崩れたり傷ついたりすることがなく、うまみや香りを閉じ込め、ハリ・粒立ちがありほぐれの良い、冷めてもおいしいごはんが炊けるとしている。

 白米(53~68分)、白米早炊(32~39分)、玄米(75~104分)、炊き込み(53~68分)、おかゆ(51~67分)の5モードを備えた。保温機能は「ごはんがおいしくなくなる」として非搭載だが、二重の釜が魔法瓶のような働きをするため、時間が経っても冷めにくいという。

 当初は、炊飯器で最も売れている5.5合炊きで検討したが、「3合より大きいサイズではどうしてもおいしく炊けなかった」(同社の寺尾玄社長)ため、3合炊きになったという。

●食べてみた

 The Gohanで炊いたごはんの味は――発表会で実際に食べてみた。

 同社が用意したのは、島根産の「きぬむすめ」と、生卵など「ごはんの友」。The Gohanは「おかずをおいしくするごはん」を目指しており、おかずとともに楽しんでこそ本領を発揮するという。

 会場に用意されたのは、炊きたてのごはんをほぐし、少し蒸らした後のもの。茶碗によそって一口食べると、しゃっきりとした歯ごたえがあり、少し固いかな? と思うほど。ごはん粒一つ一つが舌でしっかり感じられ、噛むと甘さと香りが広がる。生卵をかけて卵かけご飯にすると、ごはん一粒一粒に卵が絡み、粒立ちやほぐれの良さがよく分かる。冷めたおにぎりもべちゃっとせず、甘みを感じておいしい。

 釜を開けた時の香りやツヤは、記者が普段使っているIH圧力釜で炊くごはんより薄く、しっかり噛まないと淡泊な味だとも感じた(その分、おかずとよく合う)。米を踊らせず、傷つけずに炊くため、香りや甘みは米粒に閉じ込められ、噛むほどにおいしい、お米本来の味が楽しめるという。

●「やっとできた」 開発に1年半

 炊飯器は、トースター、ポットに続くバルミューダの調理家電第3弾。開発には、同社の製品で最も長い1年半をかけており、「やっとできた」と寺尾玄社長は言う。

 炊飯器を手がけたきっかけは、「究極のパンが焼ける」と大ヒットしたトースター「BALUMUDA The TOASTER」だ。「パンがこれだけおいしくなるならごはんもおいしくなるべきだろう」と寺尾社長は考え、開発チームを立ち上げた。

 目標は「土鍋や羽釜と同等かそれ以上においしいご飯が炊ける炊飯器」。土鍋や羽釜はガス炊きだが、ガスより非力な電力でおいしく炊く方法を試行錯誤する中、土鍋や羽釜のごはんは、炊飯中に踊っていないことを発見。ごはんと水を入れた鍋に、別の鍋で作った蒸気を送り込む「蒸気炊飯」で、米を踊らせずに炊くアイデアに行き着いたという。

 研究段階では、あさっての方向の試行錯誤もあったという。「おいしいごはんの秘訣は炊き方ではなく、高い米」と考え、冷凍ごはんと解凍専用のミニ電子レンジの開発を検討したこともあったと寺尾社長は笑う。

 同社はレンジとコーヒーメーカーの発売も予告している。「秋になるころにまた発表会で」と寺尾社長は話している。

最終更新:1/12(木) 21:47

ITmedia ニュース