ここから本文です

中国新規人民元建て融資、2016年は12.65兆元で過去最高

ロイター 1/12(木) 18:58配信

[12日 ロイター] - 中国人民銀行(中央銀行)が12日発表した2016年の新規人民元建て融資は、12兆6500億元(1兆8200億ドル)で過去最高を更新した。成長目標達成に向け、中国政府が融資に基づく景気刺激策をさらに後押ししたことを受けた。

中国の最高指導部は先月、17年に資産バブルの抑制と金融リスクの防止をさらに重要視すると表明。

しかし、この日発表された12月の新規人民元建て融資は1兆0400億元(1507億8000万ドル)と、アナリスト予想(7000億元)や前月の7946億元を大幅に上回った。

人民銀のデータを基にロイターが算出したところ、昨年の新規人民元建て融資は09年の世界経済危機時の水準を上回った。総額では過去最高の15年を約8%上回った。

住宅ローンが融資の伸びをけん引した。

16年の新規融資のうち50%を家計向けが占め、企業向けは48%だった。

一方、12月のマネーサプライM2伸び率は前年比11.3%と、予想の11.5%に届かなかった。

12月末時点の人民元建て融資残高は前年比13.5%増。予想は13.1%増だった。

12月の社会融資総量は11月から小幅減少し、1兆6300億元(2363億7000万ドル)。16年全体では17兆8000億元で過去最高となった。

*内容を追加します。

最終更新:1/12(木) 20:50

ロイター