ここから本文です

株、一時約300円安=円は114円台、トランプ期待後退

時事通信 1/12(木) 17:00配信

 12日の東京金融市場では、トランプ次期米大統領への政策期待が後退し、円高・株安が進んだ。外国為替市場で円相場が約1カ月ぶりに1ドル=114円台に上昇。株式市場では日経平均株価が一時前日比300円近く下げ、終値は229円97銭安の1万9134円70銭だった。

 トランプ氏は11日の記者会見で、経済政策を具体的に説明しない一方、中国や日本に対する貿易赤字を指摘。製薬業界の海外生産や価格決定の不透明さを批判し、保護貿易的な色彩を強めた。

 株式市場はトランプ氏の会見について「減税や財政政策などへの言及がなく、期待外れだった」(中堅証券)と受け止めている。「為替相場が円安になりにくく、企業業績の先行きに不透明感が強まった」(大手証券)こともあり、収益減が懸念される自動車などの輸出関連株や薬品株を中心に売り注文が広がった。

 期待先行で進んだトランプ相場は、「いったん小休止するのではないか」(銀行系証券)との声も出ている。東証1部全銘柄の値動きを示す東証株価指数(TOPIX)は、14.99ポイント安の1535.41。 

最終更新:1/12(木) 20:28

時事通信