ここから本文です

ファーストリテイリング増収増益 ジーユーは伸び悩む

ITmedia ビジネスオンライン 1/12(木) 19:11配信

 ファーストリテイリングが1月12日発表した2017年8月期第1四半期(16年9月1日~11月30日)の連結決算は、売上高5288億円(前年同期比1.6%増)、営業利益885億円(16.7%増)と増収増益だった。ユニクロ事業の営業利益は国内外ともに計画を上回ったが、姉妹ブランドのジーユーなどが属するグローバルブランド事業が伸び悩んだ。

 国内ユニクロ事業は、売上高2388億円(3.4%増)、営業利益456億円(1.8%増)と増収増益。気温などの要因から9、10月は伸び悩んだが、11月の毎年恒例セール「創業感謝祭」が好調だったことでカバーした。客数は前年同期比3.7%増と改善したが、客単価は1.1%減だった。

 海外ユニクロ事業は、売上高1965億円(0.2%減)、営業利益301億円(44.6%増)と減収増益。北米では苦戦し大型店舗の閉店が相次いたが、中国・香港や東南アジア・オセアニア地区が好調で、増益に寄与した。海外店舗数は前年同期末比で145店舗純増の1009店舗。

 ジーユーなどが属するグローバルブランド事業は、売上高927億円(1.1%増)、営業利益は95億円(22.7%減)と増収減益で、計画を下回った。秋冬物の値下げを早い段階で行ったために粗利率が低下したことと、人件費・物流費などの増加で経費比率が上昇したことが響いた。上期は減益を見込むが、下期でトレンド商品の打ち出しと、効果的な広告・販促、売れ筋商品の追加生産体制を強化するなどの施策を行い、巻き返しを図る。

 通期の業績予想は据え置き、売上高1兆8500億円、営業利益1750億円を見込む。

最終更新:1/12(木) 19:11

ITmedia ビジネスオンライン

Yahoo!ニュースからのお知らせ