ここから本文です

【DeNA】ハマスタそばに「THE BAYS」開設へ…「横浜スポーツタウン構想」発表

スポーツ報知 1/12(木) 16:47配信

 DeNAは12日、活用事業者となっている横浜スタジアム近くの旧関東財務局横浜財務事務所内で記者会見を行い、同施設の名称(通称)を「THE BAYS(ザ・ベイス)」とすることを発表し、従来の横浜公園、横浜スタジアムを起点にした「コミュニティボールパーク」化構想を街レベルに発展させて「横浜スポーツタウン構想」を新たに掲げることを明かした。

 同施設は1928年に「日本綿花株式会社横浜支店」として創建され、現在は横浜市が所有する指定有形文化財。地上4階、地下1階建ての鉄筋コンクリート造りで日本大通りに面している。「THE BAYS」は、「横浜スポーツタウン構想」の中核施設となる基地(BASE)という意味に加え、ベイスターズ(BAYSTARS)や横浜の港(BAY)の文字を掛け合わせて名付けたという。

 市民やクリエイター、ベイスターズファンが楽しむことができるフィットネススタジオや、クリエイターやクリエイティブ企業が入居するシェアオフィスを展開するほか、カフェ、ショップとして横浜スタジアムで展開していたライフスタイルショップ「+B(プラス・ビー)」を移転する。また、DeNAの球団事務所の一部も移転する。

 今季開幕前の3月中の全面オープンを予定しているという。

最終更新:1/12(木) 17:35

スポーツ報知