ここから本文です

トーホウジャッカル、アロースタッドで種牡馬に

スポーツ報知 1/12(木) 16:44配信

 2014年の菊花賞馬トーホウジャッカル(牡6歳、栗東・谷潔厩舎)が13日付で競走馬登録を抹消する。JRAが11日に発表した。昨年12月の金鯱賞11着後に右前脚の不安を発症。年明けにエコーによる精密検査を行い、右前脚の屈けん炎が判明したため、現役引退が決まっていた。

 同馬は父スペシャルウィーク、母トーホウガイア(父アンブライドルズソング)の血統で、14年の日本ダービー前日に京都でデビュー。3戦目で初勝利を挙げると、神戸新聞杯3着で出走権を取って臨んだ菊花賞でJRAレコードの3分1秒0で優勝。デビュー149日目での菊花賞制覇は、2歳戦が行われるようになって以降最速だった。今後は北海道新ひだか町のアロースタッドで種牡馬となる予定。

最終更新:1/12(木) 16:47

スポーツ報知

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ