ここから本文です

「泊まれる本屋」BOOK AND BED TOKYOがリニューアル、「飲める本屋」に

CINRA.NET 1/12(木) 12:39配信

ホステル「BOOK AND BED TOKYO」の1号店が、1月21日にリニューアルオープンする。

【もっと画像を見る(16枚)】

2015年に東京・池袋にオープンしたBOOK AND BED TOKYO。「泊まれる本屋」をコンセプトに掲げ、宿泊者は本棚に埋めこまれたベッドで眠ることができるほか、宿泊者以外もデイタイムにラウンジスペースを利用することが可能だ。本の販売は行なっていない。昨年12月には京都に2号店となる「BOOK AND BED TOKYO 京都店」がオープンした。

リニューアル後の新店舗の名称は「BOOK AND BED TOKYO 東京店」。館内にある「BOOK AND BED AND BAR」と称したバースペースで、宿泊者向けにドリンクを販売する。また同施設を宿泊せずに利用するデイタイムプランも1月21日から用意される。1号店に引き続いて、グラフィックデザインをSoda design、 内装デザインをSUPPOSE DESIGN OFFICE、ブックセレクトはSHIBUYA PUBLISHING & BOOKSELLERSが担当する。

CINRA.NET

最終更新:1/12(木) 12:39

CINRA.NET