ここから本文です

警視庁、暴行被害者の17歳の女子高生の実名を犯罪情報提供メールで誤配信

ホウドウキョク 1/12(木) 20:08配信

ホウドウキョク

警視庁の犯罪情報などを伝えるメールシステムで、暴行被害を受けた少女の実名が、誤って配信されたことがわかった。

警視庁赤羽警察署の男性巡査(20代)が、11日夜、東京・北区で17歳の女子高生が首を絞められた暴行事件について、匿名にすべき被害者の名前を、実名でメール配信した。

およそ6500件配信されていて、警視庁は、女子高生の保護者に謝罪し、「再発防止に努めたい」とコメントしている。

※この動画は音声がありません。

最終更新:1/12(木) 20:30

ホウドウキョク

Yahoo!ニュース公式アプリ

都道府県ニュース、防災情報もこれひとつ!