ここから本文です

ボン・ジョヴィ「お返しをする番」北米ツアーのサポートアクトを一般公募

MusicVoice 1/12(木) 13:05配信

 米ロックバンドのボン・ジョヴィが、ツアーのオープニングを飾るアーティストを一般公募している。ボン・ジョヴィは、2月から4月にかけて『ディス・ハウス・イズ・ノット・フォー・セール・ツアー』の北米公演をおこなう。そのサポートアクトの米国内、一般公募を公式サイトで呼びかけている。6組の合格者がそれぞれ5公演、出演できるという。

 バンドの公式ウェブサイトでは「どんな偉大なバンドでも、始めた時は小さな存在で、1回のショーごとにその功績を築き上げていくものだ。僕達もその機会を与えられたから、今はそのお返しをする番だ。アリーナのステージに立つ準備が出来ていると思っている君、オーディション用のテープを提出して、僕達と共にロック界最高の観衆のために演奏してくれ」と綴られている。

 ボン・ジョヴィは1984年にデビューし、その年に独バンドのスコーピオンズのサポートとしてアメリカをまわり、米バンドのキッスのサポートとしてヨーロッパをまわった経験がある。

 米・大手イベントプロモーター会社のライブ・ネイションがプロモーターを務めるこのオーディションに応募するには、ボン・ジョヴィのウェブサイト、またはボン・ジョヴィかライブ・ネイションのフェイスブックに応募用動画をアップロードすることが求められている。

 そこからライブ・ネイションが10組を選出し、ボン・ジョヴィのメンバーが6組の合格者を選ぶことになるようだ。合格者はその後、それぞれ公演日程に組み込まれ、およそ5回ずつステージに立つことになるという。

 なお、ボン・ジョヴィがツアーに向けて一般公募を開催したのは今回が初めてではなく、2006年の『ハヴ・ア・ナイス・デイ・ツアー』、2010年の『ザ・サークル・ツアー』でも地元アーティストの参加を呼び掛けていた。

 今回の優勝者の中からは4月に2夜公演が予定されている米・ニューヨークのマディソン・スクエア・ガーデンのステージに立つアーティストも選出される。

 応募はすでに受付を開始しており、3月12日ごろ合格者が発表される予定。

最終更新:1/12(木) 13:05

MusicVoice