ここから本文です

巨人陽岱鋼「胸にGマーク刻む」初ジャイアンツ球場

日刊スポーツ 1/12(木) 15:40配信

 日本ハムから国内FA(フリーエージェント)権で巨人に移籍した陽岱鋼外野手(29)が12日、初めて川崎市のジャイアンツ球場を訪れ、練習を行った。

【写真】巨人のユニホーム姿で堤辰佳GMと握手する陽岱鋼

 午前10時過ぎに球場に到着すると、上下赤のジャージーに着替えて11時にグラウンドへ登場した。球団スタッフや選手とあいさつを交わし、新人合同自主トレ中だったドラフト7位の台湾人右腕、関南大の廖任磊(リャオ・レンレイ)投手(23)ともがっちりと握手した。ランニング、キャッチボール、ノック、マシン打撃、ネットスロー、ウエートと、約4時間の練習を意欲的に消化した。

 「まだユニホームを着ていないので実感はありませんが、胸にGのマークを刻んで、自覚を持って練習していきたいです。ジャイアンツに来て、まだ1年生。リーグ優勝のためにチームの力になりたいです」と意気込んだ。

最終更新:1/12(木) 15:59

日刊スポーツ