ここから本文です

中止方針一転,継続 ススキノ「魚氷」搬入 さっぽろ雪まつり名物6日お披露目

北海道新聞 2/5(日) 7:00配信

今年で34回目

 6日に開幕するさっぽろ雪まつりの「すすきの会場」(札幌市中央区)に4日、魚などを氷に閉じ込めた氷像「魚氷(さかなごおり)」が搬入された。34回目の今回は、魚を凍り漬けにした北九州市のスケートリンクが批判を浴びた影響で、展示が一時危ぶまれる事態に直面。継続を望む市民の後押しで、雪まつり名物は例年通り観光客らに披露される。

【動画】ススキノ氷の祭典「魚氷」中止撤回し継続へ

テーマは氷の水族館

 魚氷は、サケやズワイガニなど魚介類を縦54センチ、横1メートル、厚さ27センチの氷柱に閉じ込めたもの。北海道の海を再現しており、すすきの観光協会などでつくる実行委が実施している。今回は「氷の水族館」をテーマに氷柱9本を使い、道内の魚介類9種を紹介する。

12日まで展示

 実行委は昨年12月、スケートリンク騒動を受け、来場者に不快な思いをさせる可能性があるとして、展示中止の方針を固めたが、その後撤回した。
 魚氷は12日まで、札幌駅前通のすすきの会場に展示される。

北海道新聞

最終更新:2/5(日) 7:00

北海道新聞