ここから本文です

メタリカ、ジェイムスの喉不調で公演を延期

BARKS 2/6(月) 12:28配信

メタリカは、フロントマンのジェイムス・ヘットフィールドの体調不良が原因で、土曜日(2月4日)デンマーク・コペンハーゲンで予定していた公演をキャンセルした。9月に振り替えるという。

◆メタリカ画像

ヘットフィールドは前日、体調が良くないながらもパフォーマンスを強行したが、ドクター・ストップがかかってしまったそうだ。バンドは土曜日、「残念ながら、ジェイムスの体調、特に喉が良くならず、医師から一節も歌うなと命じられた」と、その日の公演の延期を発表した。

ヘットフィールドは前日の公演で、体調が万全ではなく、完璧なパフォーマンスができないことを「君たちにフェアじゃない。高い金払ってお気に入りのバンドを観に来たのに、俺らのサウンドは良くない」と、オーディエンスに謝罪し、パフォーマンスを中断することも提案していたという。

バンドは、土曜日の公演のキャンセルを発表した際、「昨日来てくれた人達、続けろって奨励してくれたことに感謝する…それって、俺らにとってはかけがえのないことだ! 君たちに最大限のメタリカ・エクスペリエンスを与えられず、へこんだ。これまでで最高に困難なショウの1つだったが、君らの愛と支援で乗り越えることができた」と、ファンに感謝した。

次回の公演は火曜日(2月7日)、同じくコペンハーゲンで予定している。延期された公演のチケットを持つ人が、7日もしくは9日の公演を訪れることができるよう配慮するという。

Ako Suzuki

最終更新:2/6(月) 12:28

BARKS