ここから本文です

メガデス、とうとう初のグラミー受賞

BARKS 2/13(月) 13:53配信

メガデスが、12回目のノミネートで初めてグラミー賞を受賞した。

メガデスは今年、「Dystopia」で最優秀メタル・パフォーマンスの候補に挙がっていた。それまでに、『Rust In Peace』(1991年)、「Hangar 18」(1992年)、『Countdown To Extinction』(1993年)、「Angry Again」(1994年)、「99 Ways To Die」(1995年)、「Paranoid」(1996年)、「Trust」(1998年)、「Head Crusher」(2010年)、「Sudden Death」(2011年)、「Public Enemy No.1」(2012年)、「Whose Life (Is It Anyways)?」(2013年)と11回ノミネートされていたが、受賞には至らず、今回が彼らのとって初のグラミーとなった。

◆メガデス画像

今年の最優秀メタル・パフォーマンスには、彼らのほか、Baronessの「Shock Me」、Gojiraの「Silvera」、コーンの「Rotting In Vain」、ペリフェリーの「The Price Is Wrong」が候補に挙がっていた。

デイヴ・ムステインは、「DYATOPIA Megadeth」と書かれた紙をTwitterに投稿し「ようやく!」とつぶやいた。また、「このグラミーの受賞を可能にしてくれたみんな、ありがとう。人生が変わる出来事だ。俺ら、みんなを愛してる」と、感謝の言葉もツイートした。

メンバー4人は黒のスーツでキメて授賞式へ出席している。

Ako Suzuki

最終更新:2/13(月) 13:53

BARKS