ここから本文です

広島連覇のカギ握る堂林と野間よ!血眼になって頑張れ

東スポWeb 2/15(水) 11:05配信

【赤坂英一 赤ペン!!】広島の日南キャンプでは、打撃練習の間中、三塁側ファウルグラウンドで野手が物干し竿のような棒を振り回している。「これをきちんと振るには、体幹を意識し、体を大きく使って、可動域を広げないといけない。強化指定選手にはみんなやらせてますよ」と発案者の石井打撃コーチ。

 その強化指定選手の中で、特に大きな期待がかかっているのが8年目の堂林と3年目の野間。このうち、「堂林の打撃はかなり良くなった」と石井コーチは強調する。オープン戦の時期はWBCで菊池、田中、鈴木がチームから離れるため、堂林に積極的にチャンスを与える方針。「ここでガンガン打ってアピールして、開幕までにレギュラーの一角に食い込んでほしい」と力を込める。

 問題があるとしたら、打撃ではなく外野守備だろう。昨年までは主に三塁を守っていたが、イップスを起こしたために首脳陣がコンバートを決断。「確かに内野がダメだから外野に回すことになったんですけど」と、河田外野守備走塁コーチがこう言う。

「堂林は生真面目な性格なんで、ぼくが守備面であれこれ言い過ぎると、打撃のほうに悪影響が出かねない。(緒方)監督も、守備にはある程度目をつむると言ってくれてます。いまはとにかく、練習と実戦で場数を踏ませることが先決ですね」

 その河田コーチに言わせると、広島で外野守備が一番うまいのは野間だそうだ。守備範囲の広さや打球に対する判断力にかけては、昨年まで4年連続でゴールデン・グラブ賞を獲得している丸にも引けを取らない。「理想を言えば、レフト・丸、センター・野間、ライト・誠也(鈴木)という布陣がベストかな」という。

 ところが、守備のポテンシャルの高い野間も、打撃では堂林に比べるとからっきし。「打撃ではなかなか状態が上がってこない。モタモタしてる場合じゃないのになあ」と石井コーチをヤキモキさせているのが現状だ。

 巨人や阪神とは違い、生え抜きの育成と強化を第一義に置く広島では、このオフも大した補強をしなかった。今年連覇できるかどうかは、堂林、野間ら控えの現有戦力がどれだけ成長できるかにかかっている。すぐ近くでキャンプを張る巨人の控え外野手よりはるかにチャンスに恵まれているのだから、もっと血眼になって頑張ってほしい。

最終更新:2/15(水) 11:05

東スポWeb