ここから本文です

中井りん活動休止についてパンクラスCEOが声明

イーファイト 2/15(水) 20:03配信

 2月10日(金)付けのブログで活動休止を発表したMMA(総合格闘技)ファイターの中井りん(パンクラス ヴィーナス)について、主戦場であるパンクラスの酒井正和CEOが「中井りん選手と女子のベルトについて」と題して声明を発表。中井の王座返上と階級転向、それに伴う2階級でのタイトル新設を明らかにした。

【フォト】UFCのバンタム級で戦っていた頃の中井の肉体

 1月28日(土)のブログで腕の負傷を報告して以降、体調不良や精神的な不安を吐露するような内容でのブログ更新が続いていた中井。10日には、再び医師から治療を受けたことを報告するとともに、「パンクラスの女子バンタム級のタイトル・ベルトは、パンクラスが返上しろというので、返上しようと想います」と綴っていた。

 この件に関する補足として、酒井CEOは「中井りん選手がバンタム級からフライ級に階級を変更するに伴い、女子フライ級とストロー級のベルトを新設をします。そのことから本人了承のもと、バンタム級のベルトを返上し2月9日付けでフライ級のランキング1位になりました」と伝えた。

 また、中井の近況についても、「中井りん選手の近況と今後に関して、怪我の回復は順調です。ゆっくり休んでから練習を再開しパンクラスに戻って来れると思います。そしてタイミングを見てフライ級でタイトルマッチを実現させたいと思います。今後とも中井りん選手を温かく見守っていただき、更なる応援をお願いします」と報告した。

 さらに声明では、中井とともにパンクラス女子エースとして活躍する朱里の次戦にいついても言及。「ストロー級1位である朱里選手の次戦は、元UFCファイターを考えています。これはストロー級のタイトルマッチになるかもしれません。ご期待ください」と呼び掛けている。

最終更新:2/15(水) 22:28

イーファイト