ここから本文です

月60時間、経営側も容認=繁忙期や適用対象が焦点―残業上限

時事通信 2/15(水) 10:47配信

 残業時間の上限を年720時間(月平均60時間)とすることを、経営側が受け入れることが15日、分かった。労使の足並みがそろい、今後は繁忙期に例外として認める月単位の上限時間の調整が本格化する。現在は一般的な残業時間規制の適用除外となっている運送業、建設業、研究開発の扱いも焦点だ。

 年720時間の残業上限は、14日の働き方改革実現会議で事務局案として提示された。会議に参加する経営者側の3団体、経団連と日本商工会議所、全国中小企業団体中央会が受け入れる方針を決めた。 

最終更新:2/16(木) 11:42

時事通信