ここから本文です

県ゆかりの109選手を表彰 やまなしスポーツ賞

産経新聞 2/16(木) 7:55配信

 昨年、優秀な成績をあげた県内出身や県内で活動する選手に県が贈る「やまなしスポーツ賞」の表彰式が15日、甲府市丸の内の防災新館で開かれた。

 受賞したのは、リオ五輪競泳男子800メートルリレーで銅メダルを獲得した江原騎士選手(自衛隊)ら個人31人、指導者4人と8団体の計109人。後藤斎知事が代表者に表彰状を手渡した。

 同賞は、県内で全国高校総体(インターハイ)が開催された平成8年に創設された。

 後藤知事は「高い志と情熱、並々ならぬ努力に敬意を表する。県民に夢と感動を与え、活力ある地域にしてほしい」と選手らをたたえた。

 受賞者を代表し、リオ・パラリンピックの陸上男子走り高跳びで4位入賞した鈴木徹選手(SMBC日興証券)が「現状に満足せず、さらなる飛躍を求めて精進する。今後も変わらぬご支援、ご声援をお願いします」と喜びを語った。

最終更新:2/16(木) 7:55

産経新聞