ここから本文です

小嶋陽菜、卒業後に「AKB48ロス」の予感=「こじまつり」を前に「焦りが大きい」

時事通信 2/16(木) 22:42配信

 AKB48の小嶋陽菜が16日、東京都内で雑誌「sweet」、ファッションブランド「Samantha Thavasa」との「スペシャルコラボショップ」のオープニングイベントに登場した。22日の卒業コンサートを前に、「メンバーと歌うことがなくなるんだなと考えると、やっぱり悲しい」と心境を告白。「卒業したら『AKB48ロス』があると思う。グループの楽曲をカラオケでいっぱい歌います」と自身の近未来を予想していた。

 東京・国立代々木第一体育館での卒業コンサート「こじまつり~小嶋陽菜感謝祭~」まで1週間を切る中、「寂しさより『コンサートが始まっちゃう』という焦りの方が大きい」と小嶋。「セットリストは昨年10月から打ち合わせをして、だいたい決まっているけれど、リハーサルができていなくて…」と話しつつ、「明日からしっかりやるので、本番を楽しみにしていて」とアピールした。

 また、ステージのセットについては、「色はピンクとブラック、赤にした。自分の意見を取り入れてもらった」と明かした。

 このほか、HKT48の指原莉乃が「声優アイドル」をプロデュースすることに絡み、報道陣にプロデュース業への意欲を聞かれると、「さっしーのニュースを見て、いいなと思った。私もアイドルやかわいい子が大好きなので、プロデュースしてみたい」と、やる気満々。「ファッションのかわいい女の子を集めて、(他のアイドルの)隙間を狙ってプロデュースできらたいいな」と意気込んでいた。

最終更新:2/16(木) 22:45

時事通信